【Windows10】アップデート後の不具合が多すぎる時にチェックすべき3つの点

アップデートしてからPCが重くなった・ネットの速度が下がったなど、何かと不具合が多発するWindows10。

私はWindows10から8.1に戻して、PCがサクサク動くようになりました。しかし、ダウングレードするとブックマーク・インストールしたソフトなども消えてしまいます。

ダウングレードに失敗して全データが消える場合もあるので、Windows10で不具合が多発する時には以下の3つの項目をチェックしてみて下さい。

私が経験したWindows10の不具合は他にもまとめてます。参考にしてください。

ブルースクリーンが出る

ブルースクリーン→再起動が繰り返される

画面が真っ黒でポインタのみが表示される

スポンサーリンク

自動更新の時間を確認

Windows10には8にはなかった自動メンテナンスがあります。これはスケジュールされた時刻に自動的にメンテナンスする機能で

・ソフトウェアの更新
・セキュリティのスキャン
・システムの診断

などが含まれます。

つまりネットサーフィンをしてる時にこのメンテナンスが実行されると、ネットの読み込み、PCの動作が重くなってしまうのです。

また、PCをスリープ状態にしていてもスリープを解除してメンテナンスが自動で行われます。

PCを使わない時間に設定しましょう。

1.左下の検索欄に「コントロールパネル」と入力し、コントロールパネルを開きます。

2.「システムとセキュリティ」をクリック

3.「セキュリティとメンテナンス」をクリック

4.メンテナンス→自動メンテナンスの欄にあるメンテナンス設定の変更をクリック

5「メンテナンスタスクの実行時刻」で時間を設定します。

ポイント

スリープや休止状態のときに自動メンテナンスを行わない場合は「スケジュールされたメンテナンスによるコンピューターのスリープ解除を許可する」のチェックを外してください。

スポンサーリンク

PCがWindows10に対応してるか確認する

Windows10にアップデートした直後は調子が良くても、アップデートを続けていくうちにPCが重くなることがあります。

これは使っているパソコンがWindows10に対応していない事が考えられます。

対応してるか調べるには使っているパソコンのメーカー+型番(もしくは品名)+Windows10で検索してください。

例)富士通 LIFEBOOK Windows10

↑上記のような情報をGoogleで入力して検索します。

品名はPCの裏にシールで貼られてる事が多いです。

ハードディスクに不具合が起きてないか確認する

OSの問題ではなくハードディスクが原因でPCが重い事があります。

パソコン本体についてるハードディスクのランプが正常に動いてるかどうか確認してください

パソコンのハードディスクアクセスランプ

富士通様より引用

ずっと点滅している・ランプが消滅している場合はハードディスクに原因がある可能性があります。

以下の方法でエラーチェックして下さい。

1.スタートをクリック

2.Windowsシステムツール>PCをクリック

3.エラーチェックするハードディスクの上で右クリック→プロパティを選択(画像のはCドライブ)

Cドライブのプロパティの画面

4.ツール>エラーチェックのチェックボタンをクリック

ハードディスクのCドライブのエラーチェックをする方法

ドライブのスキャンをクリックし、不具合がないか確認します。

ポイント

エラーがあると対処方法が表示されます。
エラー内容によって異なるので、画面の案内に従って行ってください(再起動が必要な場合もあります)

以上でWindows10の不具合が多い時に確認する3つの点を終了します。お疲れさまでした。

関連記事:windows10でブルースクリーンが起きる原因と対処 回復後にすること

Windows10で画面が真っ黒ポインタのみが表示されてる時の対処方法

カテゴリー:パソコンのトラブル

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ2



スポンサーリンク
レクタングル(大)