実話を元にしたきみに読む物語の感想続編の動画も紹介

映画「きみに読む物語」の感想です。結末や続編の動画についても紹介しています。

キャスト
左が役名(敬称略)
■ノア(ライアン・ゴズリング
■アリ―(レイチェル・マクアダムス)
■高齢の女性(ジーナ・ローランズ)
■デューク(ジェームズ・ガーナー)

スポンサーリンク

きみに読む物語はとある二人を元にした実話

あらすじ

療養施設で暮らすアルツハイマーの女性。
彼女の元にデュークと名乗る一人の男性が訪ねてくる。
彼は彼女にある物語を読んで聞かせるが……

原作は1996年にニコラス・スパークス先生が発表した小説です。
ニコラス先生は18冊の長編小説を発表してますが、そのうち11作品は映画化されてます。

日本でも有名なのは「メッセージ・イン・ア・ボトル」、「奇跡を信じて」(映画名はウォーク・トゥ・リメンバー)です。

「きみに読む物語」は彼の奥様の祖父母の実話が元になっています。

スポンサーリンク

映画「きみに読む物語」の感想

以前から名前は聞いていたけど、甘い恋愛映画はあまり得意ではないので見れずにいた作品。

でも観終わった後は映像の美しさ、終わり方の美しさに感動しました。
ロミオとジュリエットも、頑張ればこういう幸せな終わり方が出来たかも。

ただ「一人の男性が一人の女性を愛し続けた」という事が最初からわかってるので、結末や物語の進み具合もなんとなく予想はできた。

でも、そこを見事にカバーしたのが高齢のアリーとノアを演じたジーナ・ローランズ氏とジェームズ・ガーナー氏。

物語を読んでいる時も、ノアからアリーへの愛情がひしひしと感じられました。
特にアリーへの愛情がたっぷりとこめられたノアの瞳、たまりません。

誰もがこうした純愛を夢に見るけど、手に入れるのはすごく難しい。そしてそれを維持し続けるのはもっと難しい。

だからこそ映画のテーマになりやすいのかもしれません。

きみに読む物語の続編を紹介

君に読む物語の原題は「The Notebook」ですが、アメリカでは「The NoteBook2」として以下の動画と画像が公開されました。

きみに読む物語の続編のキャプチャ

TEAMCOCO様より引用

こちらの画像はコメディ番組「Conan」で紹介されました。

ライアン・レイノルズ氏とコナン・オブライエン氏がノアとアニーの名シーンを体を張って演じております。

動画はこちら。二人の熱いキスシーンは4分30秒辺りから始まります。

これは勿論冗談なんですが、今の時代なら男性二人を主演にして続編が作られてもいいかも。

(´-`).。oO(アニーの二の腕、たくましい…!)

と、いう冗談はさておき、きみに読む物語の続編はきみに読む物語~星空のウェディング~という名前で日本でも文庫化されています。こちらの作品は小説のみで、映画化はされていません。

君に読む物語 心に残った名言

「あなたは私達の愛が奇跡を起こすと思う?」

「私達の愛に不可能はないさ」

ノアとアニー

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ2



スポンサーリンク
レクタングル(大)