クリミナルマインドシーズン12全22話あらすじまとめ【ネタバレ】

クリミナルマインドメンバー集合写真

クリミナルマインドシーズン12の全話のあらすじをまとめています。ネタバレを含みますので未視聴の方はお気をつけ下さい。

―――

前シーズンでシリアルキラー13人が脱獄。そのうち8人が逮捕されましたが、残る5人は逃走中。

その5人の中に、BAUに異常な執着をするシリアルキラー「クリムゾンキング」
こと引っ掻き男がいます。

S12では引っ掻き男のせいでホッチがBAUを離れていきます。ホッチが降板する経緯とその後については別記事をご覧ください。この記事の最後にもリンクを
載せておきます。

関連記事:クリミナルマインド12アーロンホッチナー降板の流れについて

ホッチとクリムゾンキングが話題になるのは1話~6話位(ホッチは2話以降は出演しません)

その後は女性視聴者離れを防ぐ為に我らがスペンサー・リードが中心のお話になります。

リードの母が再登場

アルツハイマー型の統合失調症を患っているリードのお母さん、ダイアナ。訪問看護師さんの力を借りながらリードは献身的に母親の世話をします。

母親の症状は芳しくなく、リードも憂鬱な毎日を過ごします。

ある日、ダイアナが画期的な投薬治療を受けられる事になり、リードも大喜び。しかし、その後不幸な事件がリードを襲います。

スポンサーリンク

麻薬の不法所持で逮捕されたリード

ヒューストに行ったはずのリードがなぜか麻薬の不法所持によりメキシコで逮捕されてしまいます。
逮捕されたリードはろれつも上手く回らず、薬物の影響が出ているのは明らか。自分がFBIという事も思い出せません。

その後、国外の犯罪を捜査する国際捜査班のマシューシモンズとクララがリードの元に駆けつけてくれます。

(´-`).。oO(またうまい具合にシモンズ君(後の新レギュラー)やってきたな…)

リードの腕にはローザ・メディナという名前が書かれており、事件謎解きのヒントはそれだけ。
BAUは薬を使った手段から、引っ掻き男がリードを罠にはめたと睨み、捜査を開始します。

しかし、事態はより最悪な状態に。
メキシコでリードと密会したと思われる女性は何者かに殺害されており、その凶器にはリードの指紋が付着していました。

リードは殺人の容疑者として刑務所に入れられてしまいます。

精神崩壊していく囚人リード

保護拘置に入れるはずが定員オーバーなため一般病棟に入れられてしまったリード。
早速刑務所内の囚人たちに酷い目にあわされます。

(´-`).。oO(あんな可愛い子が刑務所に入ったら……ダメ…!)

その後も刑務所内で出来た唯一の友達を目の前で殺され、徐々に精神が崩壊していくリード。
面会に来てくれるJJ達にもそっけない態度です。

一方、BAUは必死にリードの無実を証明しようとします。しかし、リードの記憶があいまいな事もあり真犯人を特定できません。

司法心理学者であるBAUのサラはリードに認知面接を開始。事件当時の記憶を思い出させます。

すると、リードは自分に薬物を与えたのは引っ掻き男ではなく、女性だった事を思い出します。

メキシコでリードをはめたのはリンジーヴォーン

リードママが女性看護師に連れられてリードの面会にやってきます。
再会を喜ぶリード。しかし、ふと看護師の方をみるとその女性はいつも母の面倒を診てくれる看護師ではありませんでした。

その女性の名前はリンジーヴォーン。リンジーは看護師のフリをしてリードママを刑務所に連れてきて、そのまま彼女をさらってしまいました。

「母親が誘拐された」と訴えるリード。しかし、BAUは半信半疑です。

その後、リードママの行方が分からなくなっている事からリードの訴えは事実という事が判明。BAUは捜査に乗り出します。

ちなみにリンジー・ヴォーンはクリミナルマインドシーズン3第12話「父の過去、娘の記憶」に出てくる女性です。

(´-`).。oO(ここにきて新規視聴者を振り落とす…スタイル…!)

辞表を出すガルシア、BAUはバラバラに?

リードの件で精神が不安定になっていたガルシア。
「これ以上辛い事があったら私の心は壊れる、次に何かあったらBAUをやめたい」と、エミリーに辞表を渡します。

このままではBAUがバラバラに…エミリーは正当とは言えない方法で判事にかけあい、リードの釈放をお願いします。

エミリー、そしてBAUのメンバーのおかげでリードは無事に刑務所から出られる事になりました。

刑務所にいるリードを迎えに来るJJ。S12で一番好きなシーンです。

「迎えに来たよ」

この時の園崎さん(JJの声優さん)の温かみのある声がまた…イイ…(/_;)<ヨカッタネ、スペンス!

真犯人はリンジーヴォーンとキャットアダムス

刑務所から出てすぐに母親の行方を探すリード。すると、リンジーを裏で操っていたのはキャットアダムスという事が判明。

キャットはクリミナルマインドS11第11話「エントロピー」に出てきた爆弾魔で、リードにハメられて逮捕されました。

刑務所にいるキャットはリンジーを動かし、リードに殺人の濡れ衣を着せてリードの母親を誘拐させたのです。

(´-`).。oO(引っ掻き男は関係なかった)

疑って
すまなかったね
引っ掻き男

BAU一同 心の俳句

しかし、刑務所にいるキャットがどうやって計画を成し遂げたのでしょうか。

キャットは自分が入っている刑務所とリードが入ってる刑務所を行き来していた男性職員、ウィルキンスと肉体関係をもち、彼を事件に協力させていたのでした。

リンジーと共にリードママを誘拐し、指定の家まで運んだウィルキンス。ここで用済みとなった彼はリンジーに撃ち殺されてしまいます。

BAUはウィルキンスの遺体を発見し、リードママが誘拐されている家を発見します。

――

一方、リードは刑務所にいるキャットと対峙。
キャットは「私の秘密を当てたら母親を解放してあげる」と持ちかけます。

リードは秘密の答えを探っていきますが、長い刑務所暮らしのせいでPTSDを患い頭が上手く働きません。

しかし、キャットと話をしているうちに彼女が妊娠している事に気づきます。

キャットは「あなたを薬でその気にさせた。この子はあなたの子」とリードに言いますが、リードはその赤ちゃんは共犯者であったウィルキンスの子供だと言い当てます。

そして、こう続けます。

「お腹の子はウィルキンスの子供だろう。でも、自分の子供だったらよかった。僕らはお似合いだから。それが僕らの秘密だ」とキャットに話します。

リードはキャットの隠れた想いを言い当てますが、キャットは電話でリンジーに「リードの母親を殺せ」と指示します。

しかし、リンジーは応じません。

リンジーの元に駆けつけたBAUがスピーカーフォンにしていたため、今までの会話は全て筒抜けになっていました。

実はリンジーとキャットは恋人関係にあり、リンジーはキャットがウィルキンスと関係を持ち、赤ちゃんを身ごもっていた事を知りませんでした。

リンジーは恋人の裏切りに絶望し、大人しくBAUに逮捕されます。こうしてリードママは解放され、息子との再会を果たしました。

S12最終話 モーガン再登場

引っかき男がガルシアのフリをしてモーガンにメールします。モーガンは「ガルシアっぽくない」メールを不信に思い、BAUを訪れます。

BAUはメールに書かれていた場所に車で向かいます。しかし、そこには有刺鉄線がひかれていました。

タイヤはパンクし、BAUの車は身動きが取れません。そこへ引っ掻き男の車がBAUの車めがけて突っ込んできました。

大破したBAUの車!!果たしてメンバーは無事なのか!?と、いう感じで最終話は終わります。

クリマイS12感想

病的なほどの「かまってちゃん」だったキャットさん。S12は人気キャラが一人降板したからか、もう一人の人気キャラを使って視聴者離れを食い止めようとしている感じがしました。

(´-`).。oO(刑務所にいるキャットがリードをそそのかして赤ちゃんを身ごもるって、それは不可能では…?(突っ込んだら負け))

シーズン13の初回はクリマイS13第一話あらすじネタバレに書いています。

ホッチのその後についてはクリミナルマインド12アーロンホッチナー降板の流れについてを読んで下さい。

いつにもまして長い文章。読んでくださった方、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)