映画「ザ・サークル」ネタバレあらすじ感想 途中までは凄く面白いのに…

映画ザ・サークルのロゴ

wikipediaより

トム・ハンクス、エマワトソン主演の映画「ザ・サークル」の感想です。ネタバレを含みますので未視聴の方はお気をつけ下さい。

☆ネタバレなしの感想

途中までは凄く面白かったです。何となくジムキャリー氏の「トゥルーマンショー」を思い出しました。

【ネタバレ】映画「ザ・サークル」の感想

■予告動画を観た時に思ったこと

(´-`).。oO(エマちゃん、トイレどうするの……)

(´-`).。oO(ハリウッドスターってトイレ行かないの?)

■映画から得られた回答

(´-`).。oO(トムハンクスの優しさ)

(´-`).。oO(短い!!!)

寒い冬とかどうするの?股引き履いてたら脱いでるだけで3分終わっちゃうよ。

まさか…ハリウッドスターって……股引き履かない…?(うん)

と、いうわけでトムハンクス氏&エマワトソン氏の豪華キャストが出演した映画「ザ・サークル」を観ました。

最初から途中まで凄く面白かった!主人公のメイが親友アニー(←最後まで良い子だった)の助けで大手SNS会社サークルで働けることに。

サークルの方針は「世界中で情報・喜びを共有する事は障害を持っている人にも希望を与える。子供を犯罪から守り、悪人を捕まえられる」というもの。

でも、実際は世界中の人間から情報を搾取し、金儲けをしてた…

ここから開発者のタイ・フィート君が出てきたり、アニーとの関係がぎくしゃくし始めたので「お、イイネ!👍」と思ってました。

その後で親友マーサーの死を迎え、意気消沈するメイ。メイを励ますタイ君…ここから二人のサークルに対する逆襲が始まり…

イイネ!イイネ!👍👍

メイ「ここを作り直すの。未来は待ってくれない……」

~FIN~

いやちょっと待って!!!

何だか凄く良い所で終わった!これからスカっとする所じゃないの?トムとイーモンが痛い目みるターンじゃないの?

途中まで凄く凄く楽しかったのに、後半はぐわーっと急降下。勿体ない…出演者も凄く豪華なのに本当にもったいない。トムハンクス氏の無駄遣い

後半、メイに「この二人に透明化してもらいます!」って言われた時のトム氏の笑顔、最高でした。「この小娘…!」みたいな。

終盤はトップ二人の秘密♡の情報諸々が世界中に公開されて「こんな事をされていいんですかみんな!目を覚まして!」っていうのを期待してました。

でも、そうはならなかった。エマちゃんは「未来は待ってくれない…」と意味深な事をつぶやいて去っていった。

その後、彼女がどうなったのか。CEOの二人はどうなったか。開発者のタイ君の存在は本当に必要だったのか?謎は深まるばかり……

私の中では「監督はエマちゃんを沢山撮ったから、満足してやめた」説が濃厚です。それなら作中の男性キャラの扱いが酷いのもうなずける。

設定、ストーリー、トム氏の悪役っぷりも凄く良かっただけに残念でした。

関連記事:

海外ドラマや映画で活躍する役者のプロフィール

映画「スノーデン」のあらすじと感想

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ2



スポンサーリンク
レクタングル(大)