ショーン・ウィリアム・スコットが人気海外ドラマの主役の一人に抜擢

「アメリカンパイ」などの映画で知られる俳優ショーン・ウィリアム・スコット氏が、人気海外ドラマ「リーサル・ウェポン」で主役の一人として出演する事が分かりました。

スポンサーリンク

ショーン・ウィリアム・スコットとは

俳優ショーン・ウィリアム・スコット

Wikipediaより

本名 Sean William Scott

生年月日 1976年10月3日

星座   てんびん座

身長   180cm

出生地 アメリカ合衆国 ミネソタ州コテージ・グローヴ

映画「アメリカンパイ」「エボリューション」などで知られる米俳優。
イケメンでありながら飄々とした雰囲気があるショーン氏はコミカルな役柄を多く演じています。
「アイスエイジ」では声優としても出演してます。

ショーン氏は「リーサルウェポン」シーズン3から主役の一人として登場します。

スポンサーリンク

人気海外ドラマ「リーサルウェポン」とは

原作はメル・ギブソン、ダニー・グローバー主演の映画。アメリカを中心に大ヒットし、シリーズ4作品まで製作されました。

自殺願望があり、命の危険を顧みない刑事と、愛する家族のために命を粗末にしたくない刑事がコンビを組んで事件を解決していく映画です。
正反対の性格の二人がいつしか深い絆で結ばれていく、バディ・ムービー(相棒映画)の代表ともいえる作品です。

海外ドラマリーサルウェポンは映画の設定をそのままにドラマ版として制作されたものです。

ドラマ版では自殺願望のある刑事をクレイン・クロフォード(マーティン・リッグス役)、相棒をデイモン・ウェイアンズ(ロジャー・マータフ役)が演じてました。

俳優クレインクロフォードの写真

AXN公式サイトより:クレインクロフォード氏

しかし、主役の一人クレインクロフォード氏の横暴な態度が続き、撮影中に監督に叱責される事態に。
自分の非を認めセラピーにまで通ったクロフォード氏でしたが、その後も自身が監督を務めるエピソードで自分の怒りをスタッフにぶつけてしまったとのこと。

一時はシリーズの製作が打ち切られる事態でしたが、製作者側はクレインを解雇し、新シリーズを続ける事になりました。

ショーンが演じるキャラクターはウェズリーコール

新たに主役に抜擢されたショーンが演じるのはウェズリー・コールというベテラン刑事。
ウェズリーは自分の子供の近くにいるために、また、元恋人で子供の母親であるナタリーとよりを戻す為にロサンゼルスに引越してくるという設定です。

シーズン3の放送日

シーズン3はアメリカで2018年9月25日から放送されます。日本でのWOWOWでの放送は2019年以降になります。

クロフォード氏が解雇の危機にあるというのは噂で聞いてたんですが、まさか後釜がショーンウィリアム氏とは驚きです。私の中で彼はゾルタン星人★のイメージしかないんですが、機会があったら観てみてみようかな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)