殺人を無罪にする方法S31話のあらすじとネタバレ 消えたフランク

海外で公開された殺人を無罪にする方法シーズン3のアナリーズキーティングのポスター

海外wikiより

Dlifeで放送が始まった殺人を無罪にする方法 シーズン3の第一話「法学生の新年度」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので未視聴の方はお気をつけください。

第一話のあらすじ【ネタバレ】

殺されたウェスの父

――――

目の前で父親が殺されたウェス。フランクは「アナリーズの指示で父親に会わせた」といい、アナリーズは「フランクは自分の弱味につけこんだ」という。

父親を殺した犯人も分からないまま、フランクは行方をくらました。

アナリーズの降格

――――

アナリーズが熱を入れるキーティング5の成績が芳しくないため、彼女は上司に呼び出され、降格を命じられる。

しかし、アナリーズはもう一度チャンスが欲しいと上司に懇願。
その結果、リーガルクリニックという授業を開き、優秀な生徒を集めて生活困窮者の弁護をさせる権利を得た。

しかし、初めての移民裁判でアナリーズと生徒たちは負けてしまう。

アナリーズが雇った探偵

―――

アナリーズは秘かに秘密探偵を雇い、フランクを探させていた。
探偵は無事にフランクを見つけ、隠し部屋からアナリーズに連絡する。

「やらなきゃやられるぞ。どうする?」

探偵の質問に答えられずにいると、電話越しに彼の悲鳴が聞こえた。
フランクが探偵を背後から襲ったのだ。

慌てて電話を切り、携帯電話を隠すアナリーズ。

破局したコナーとオリヴァー

―――

アナリーズに雇われたオリヴァーは、コナーにその事を打ち明ける。
彼を雇った事を事前にアナリーズから聞かされていたコナーは「そうか、良かった」と返事をする。

オリヴァーはコナーのスタンフォードの大学編入を邪魔した事すら責めなかった。

お互いの関係が不健全だと感じたオリヴァーは、

「自分が分からない。でも、自分一人で乗り越えたい」

とコナーに打ち明け、別れを切り出す。

スポンサーリンク

感想

一話からドタバタな展開。でも、相変わらず面白い。

フランクは「あばよ!」と言って(言ってない)どっかに行ってしまいましたが、それを許さないアナリーズ。金に物を言わせてフランクを追跡させます。

アナリーズはアッシャーに授業料を工面してほしいと頼まれて断ってたけど、探偵を雇ってたからお金がなかったんじゃないだろうか。

でもアッシャーはずっとボンボンだったから、少し働いた方が良いよ。年賀状の仕分けのバイトとか面白いよ。

今回衝撃的だったのはオリヴァ―とコナーの破局。殺人を無罪にする方法で唯一のベスト♡カップルが別れてしまいました(T_T)<全国のオリコナガールが泣くで

コナーは自分のせいでオリヴァーが悪い方に変わってしまったっていう感覚があるんじゃないかなぁ。でもコナーはちょっと過保護だから、オリヴァーが自分で何とかしたいっていうならそうさせてあげた方がいい。

「乗り越えたら俺の所に戻っておいで…ベイべ…」位言ってやってくれコナー。

ベストカップルの情報はこちら(肌色にご注意)→殺人を無罪にする方法のゲイカップル二人を写真付きでまとめ

シーズン2の最終回の感想はこちら→【ネタバレ】殺人を無罪にする方法S2最終回のあらすじと感想

スポンサーリンク
レクタングル(大)