アブセンシアFBIの疑心の3話のあらすじ【ネタバレ】

アブセンシアFBIの疑心の3話のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので未視聴の方はお気をつけ下さい。

あらすじ(ネタバレ)

エミリーの兄のジャックはアルコール依存症を克服し、二年以上禁酒に成功していた。しかし、エミリーに殺害容疑がかかっているため自宅付近にはマスコミが押し寄せていた。

ストレスを感じたジャックは隠していたボトルを取り出し、酒を飲んでしまう。酩酊状態のジャックは「俺がやっと人生を立て直したのに、お前はいつも邪魔をする。お前が養子としてきたあの日から」と、エミリーに暴言を吐く。

エミリーは酒瓶をあおぐジャックを殴り、アパートを出てホテルに向かった。

―――

自宅のプールで遺体となって発見されたハーロウ。遺体には複数の刺し傷があり、自宅付近の監視カメラには車を運転するエミリーの姿が映っていた。

ニックは汚職刑事がエミリーをはめようとしていると考え、エミリーと共にハーロウの自宅に侵入し、現場に残された足跡を写真に収める。

撮影した足跡をデータベースで検索すると、一人の人物と一致した。それはニックの上司、アダムのものだった。

―――

エミリーはアダムの留守中に自宅に侵入。棚の奥から一冊のノートを発見する。そこには瞼が切除され、血を流した眼球のイラストが緻密に描かれていた。

発作を起こすエミリーだったが、アダムの車の音を聞いて正気を取り戻し、彼にバレないまま家を出る事に成功する。

しかし、アダムは壁にかけていた表彰状が傾いていた事から、何者かが自分の家に侵入していた事に気づいた。

スポンサーリンク

感想

主人公が容疑者の家にこっそり忍び込むっていうシーン。鉄板ネタでありながら毎回見つかるんじゃないかとハラハラします。映画「ラブリーボーン」は特に凄かった。

今回のエピソードでエミリーとジャックは血が繋がってない事が判明。これは今後の展開に影響しそうなのでメモ。

エミリーとフリンとの距離も少しずつ縮まってきました。でも二人で一緒に遊んだゴーカートで事故が起き、フリンは緊急搬送されてしまいます。駆けつけたアリスは激おこぷんぷん。

しかし、アリスも辛い立場だな…。いきなり夫の昔の妻が出てきて、しかも夫は彼女の味方…(´Д`)悪いのは全部犯人なんだけど、容疑者であったハーロウは誰かに殺されちゃったし、果たしてどうなるのか。

←次の4話のあらすじはこちら

→前の1話2話のあらすじはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)