BONESシーズン12♯2あらすじと感想~40歳の誕生日~

BONES骨は語るファイナルシーズンの2話のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので未視聴の方はお気をつけ下さい。

あらすじ(ネタバレ)

ドッグショーで遺体が発見される。

遺体の手首にはバイオ電子デバイスが埋め込まれていた。アンジェラがデバイスを解析すると、被害者はイアンという男性であることが判明。

彼は複数の人物とAIの知能をセックス人形(ラブドール)に入れ、金を稼ごうと考えていた。
しかし、その案を思いついたストリンガーはイアンが自分に分け前をよこせない事に腹を立て、彼を殺害した。

事件解決後、ブレナンは自分で40歳の誕生日パーティーを開く。
誕生日パーティーのケーキはなぜか複数用意されており、ケーキにはそれぞれデイジーとアンジェラを祝福する文字が。

ブレナンは秘かにデイジーをNFLの主任法人類学者に推薦し、アンジェラをマッカーサーフェローの天才賞に推薦していたのだ。

「これは私の誕生日。だけどそれだけじゃなく、友達や家族を祝うものなの。

これこそサプライズ!」

ブレナンの家に誕生日ソングが響き渡る

感想

人間の温かみを感じられたエピソードでした。ブレナンのお父さんの優しい瞳、いつ見ても最の高です。

でも最後にポケットから何かを落としたブレナンパパ。何かのチケット?病気?気になる。

デイジーはジェファソニアンを出てNFLへ。レギュラー陣でも容赦なく殺すボーンズスタッフだけど、こうやってキャラの明るい未来を描いてくれたのはとても嬉しい。欲を言えばスイーツとの子供も出してほしかったんだけど

そしてハッピーバースデイ、ブレナン博士。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ2



スポンサーリンク
レクタングル(大)