クリミナルマインド12アーロンホッチナー降板の流れについて

クリミナルマインドメンバー集合写真

ホッチ役のトーマス氏が暴行事件を起こした事で解雇されてしまいましたが(詳細:ホッチ役トーマスギブソンが起こした事件のまとめ)、彼が長年演じてきたアーロンホッチナーの一連の流れについてまとめました。

ネタバレなしで本作を観たい場合はクリマイS12の1話、2話、6話(ホッチの出番は無し)を観ると経緯が分かると思います。

ネタバレなしの流れ

1話(普通に出てます)

2話(ホッチさん最後の出演/以降、彼の出番は無し)

3,4話(ホッチがいないのは特別任務についてるから、という説明がある)

6話(ロッシがBAUメンバーを集めて「ホッチの事について話がある」という)

以下はホッチさんの動きとロッシがBAUメンバーに話したまとめです。ネタバレしています。

シーズン12全話のあらすじはクリマイシーズン12全22話あらすじまとめをご覧ください。

スポンサーリンク

ホッチがBAUを去る流れ(ネタバレ)

6話

ロッシがメンバー全員を集めて「ホッチの件だ」という。ロッシの隣にはエミリーが立ってる。

「彼は無事。しかし、彼がいなかったのは特別任務ではなく、ある捜査のためのカモフラージュだった」と、ロッシ。

「ホッチがジャックのサッカーの試合でピータールイス(ミスター・スクラッチ)をみかけた。

しかし、ルイスの方が先に動いてホッチは見逃してしまった」

※ピータールイスことミスタースクラッチ(引っ掻き男)とは、手がかぎ爪になってるシリアルキラー。

クリマイ10ではBAUに逮捕されますが、次のシーズンで脱走しています。

この引っ掻き男は女性被害者の額に「ホッチ♡(実際にはハートはない)」と名前を彫ったり、かなりホッチさんに執着している犯人。

ジャックの学校にこの引っ掻き男が現れたりと最悪な状況が続いたため、急遽、ホッチとジャックに証人保護プログラムが適用されました。

ガルシア「でも引っ掻き男を捕まえればホッチは戻ってくるんでしょ?」

ロ「そうだったが、考えが変わった。

ホッチもジャックも二度と危険に晒される事があっては
ならないと。

そしてさっき、辞表が届いたんだ。

いきなりで受け入れがたいだろうが…」

その後、ホッチは自分の後任をエミリーに、と伝えたそうです。

エミリーはこの時点では迷ってますが、この後正式にBAUに戻ってきてくれます。

スポンサーリンク

証人保護プログラムが解除されたホッチとジャック

S13の第一話でとある事件が起こり、ホッチとジャックの証人保護プログラムが解除されます。

関連記事:クリミナルマインドS13第一話あらすじネタバレ

「じゃぁ、ホッチはBAUに戻れるのね!」と、喜ぶガルシアでしたが

ロッシ「いや、ホッチはもうBAUには戻らない。ホッチは父親としての時間をもちたいと言っていた。ジャックとの時間を大切にしたいんだ」

と、いう訳でアーロンホッチナーは捜査官ではなくパパとしての道を選んだのでした。

――

ホッチさんの流れはこんな感じ。

ジャックを絡ませる事で親子そろって番組から消すスタッフさん、さすがです(褒めてはいない)

ホッチの吹き替え声優森田順平さんのコメント

WOWOWさんでは「クリミナルマインドスペシャルクリップ」という題で、出演者のインタビューや裏話を公開してくれることがあるんですが、今回はホッチの声を長年担当してきた森田順平さん。

インタビュー動画は観れなくなったので、以下に森田順平さんのコメントの一部を引用させて頂きます。

「(ホッチは)もうほとんど自分なんですよ。だからそのキャラクターでなんでもできる気がしてる。

それがあの、とても楽しい作業でしたね。

森田さんのお声が聞けなくなるのはとても寂しい。逮捕されたホッチの弟も二度と出てこないんだろうな。

スタッフが弟さんの事をちゃんと覚えてるのかどうかも怪しいものです。

ホッチ役トーマスギブソン氏の最新作はこちらです→トーマスギブソン最新作はヒゲ面の大佐!新作ShadowWolvesとは

関連記事:クリマイシーズン12全22話あらすじまとめ

スポンサーリンク
レクタングル(大)