【ネタバレ】グレイズアナトミーS12の相関図あらすじまとめ

グレイズアナトミーシーズン12のあらすじを相関図と一緒にまとめてみました。

シーズン13のあらすじはグレイズアナトミー13全話あらすじネタバレ カレフの逮捕と三角関係とご覧ください。

シーズン14のあらすじはグレイズアナトミーS14最終回までのあらすじネタバレ レギュラー4人の降板まとめています。

スポンサーリンク

グレイズアナトミーS12あらすじと相関図

ペニーとメレディス

カリーが連れてきた恋人、ペニーはデレクの担当医の一人だった。

個人的な感情を爆発させ、ペニーに簡単な仕事ばかりを押し付けるメレディス。

しかし、周囲の協力もあって、S12の終盤ではメレディスも大人な対応でペニーに接するようになります。

ペニーとカリー

助成金を受けられる事になったペニー。しかし、そうなるとニューヨークの病院にいく事になるため、恋人のカリーとは離れ離れに。

二人で話し合いながらカリーが出した結論は「自分とアリゾナの子供、ソフィアも連れて三人でニューヨークで暮らす」というもの。

あまりにも唐突で身勝手な行動にアリゾナ先生は激おこ。ソフィアの親権をめぐって、裁判を起こします(↓に続く)

カリーとアリゾナ

S12の終盤、母親たちによるドロドロの裁判が始まります。最終的にソフィアの親権を勝ち取ったのはアリゾナ先生でした。

裁判に負けたカリー。失意のまま、ペニーと二人でニューヨークの病院に行くことを決意します。

しかし、最終回ではカリーの元にアリゾナ先生が現れます。

「今年のクリスマスは私がソフィアと過ごす。来年のクリスマスはあなたにゆずる。その後は、二人で考えよう。

私たちは間違ってた。うまくやる方法もあったのに。ソフィアのために、私たち二人のママも幸せになろう」

そういってカリーにソフィアの航空券を渡したアリゾナ先生。

こうしてカリーは、恋人のペニーと娘ソフィアと共にニューヨークに旅立ったのでした。

カリーは降板

S12にて、カリー役のサラ・スミスさんはグレイズアナトミーを降板しました。しかし、製作者側は「彼女の席は残しておく」と発言しているので、もしかしたら復活する事があるかもしれません。

ただ、グレアナ事態がS16でファイナルになる可能性が出てるので(関連記事:メレディス役が降板?「グレイズアナトミー」シーズン16で打ち切りか)それまでに出るかは未定。

アレックスとウィルソン

ウィルソンにプロポーズをしたアレックス。しかし、ウィルソンはプロポーズを断ります。

実はウィルソンはDVの男と結婚しており、別れる事ができないまま逃げ出してきたのでした。

でも、DV男に離婚を頼んだら、自分の居場所が知られてしまう…。

ウィルソンはバーで、自分の愚痴を部下のデルーカにぶつけます。べろんべろんに酔っ払ったウィルソンを自宅に送り届けたデルーカ。

しかし、下着姿になったウィルソンがデルーカに絡み、バランスを崩し、そのままベッドに倒れ込んでしまいます。

そこへ偶然帰って来たアレックス。デルーカが下着姿のウィルソンに乗っかっているのを見て怒りを爆発。デルーカをぼっこぼこにします。

このアレックスがデルーカをぼっこぼこにするシーンで、S12は終了。

S13はこの続きから始まり、アレックスは暴行の罪で逮捕されます。

関連記事:グレイズアナトミー13全話あらすじネタバレ カレフの逮捕と三角関係と

色々はしょってしまいましたがこんな感じです。

わかりやすい!相関図と共に参考にしてみてください。

こちらもおすすめ

メレディス役が降板?「グレイズアナトミー」シーズン16で打ち切りか

スポンサーリンク
レクタングル(大)