パソコンで目の奥が痛い!解決するのにおすすめのソフト

長時間パソコンで海外ドラマ等の動画をみてると、目に疲れが出て目の奥が痛くなる事は誰でも経験してると思います。つらみ

パソコンが放つブルーライトは目の奥の網膜にまで達する為、この疲れが蓄積されると目の奥が痛くなり、悪化すると眼精疲労になります。

健康的にあんな動画やこんな動画を観る為にも、ブルーライトをカットするソフトを入れておきましょう。ここでは個人的に使ってよかったと感じたf.luxというソフトをご紹介。

インストール+環境設定をするだけで誰でも簡単に使えます。

インストール方法

f.luxは他のブルーライトカットのソフトと同様、パソコンの画面の色見を調整する事で、ブルーライトをカットします。

こちらのf.luxにいき、青いボタンのDownloadf.luxをクリック

英語の利用規約が出てくるので I Agreeボタンを押して進みます。

インストールが正常に完了すると、fluxの画面とアイコン(オレンジと青)が出てきます。

f.luxは国や地域の日照時間によって、画面の色合いを自動で調整してくれます。

その設定を行う為にClick to set Locationを押します。

そうすると、下記のようにWhere am I?と書かれた画面が出てきます。

ここに自分が住んでいる地域名をローマ字で入力します。

ここでは私が大好きな地域、「沖縄」と入れてみましょう。沖縄行った事ないけど。

地名を入れたらSearchボタンをクリック。

住んでいる地域が正しく表示されたら下記のOKボタンを押します。

これで設定は完了!後は自動で調整してくれます。

手動で調整+一時間だけもとに戻すには

昼間でも画面を赤くしたい場合、Daylightにある丸いボタンを左側に

持っていきます。

「いじったけど、最初の通りがいい!」という場合は、右側にかかれてる

2.SET YOUR LOCATION~の下のChangeボタンをクリック→再び居住地を英語で入力し、検索→Okを押す事で元の設定に戻せます。

「動画を観てたけど、今の画面は赤くない状態でみたい!」という場合は、下の青い丸で囲った所にチェックマークをいれましょう。

そうすると一時間だけ通常のパソコン画面に戻す事ができます。

スポンサーリンク

スマホにもブルーライト対策を!

目の疲れをためない為には、スマホにもブルーライトカットのアプリを入れるのがおすすめ。

おすすめなのが画面に赤みを出してカットしてくれるTwilightっていうAndroidのアプリです。インストールするだけで簡単に使えるのでおすすめ。

iPhoneの場合、iPhone 5s以降、iPad Air、iPad mini 2以降に「Night Shift」という機能が入ったため、上記のアプリはIOS側に削除された様です。

上記のようなアプリを探すにはアプリ検索画面で「ブルーライトカット」で検索してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)