殺人を無罪にする方法シーズン2♯1「前に進む時」のあらすじと感想

Dlifeで放送されている海外ドラマ「殺人を無罪にする方法」シーズン2♯1「前に進む時」の感想です。ネタバレを含みますので観てない方はお気をつけください。

【Dlife】「殺人を無罪にする方法」シーズン2♯1「前に進む時」のあらすじ【ネタバレなし】

サム殺しの容疑者としてキーティングが疑われてから、事務所の仕事は減っていった。キーティングは有名な弁護士事務所から仕事を奪う事を決める。

「大手の事務所から仕事を奪うから面白いんじゃないの」

そう笑う彼女だったが、インターンもボニーもフランクも乗り気ではない。やる気のない彼らに「仕事をする気がないのなら出ていって」と怒鳴るキーティング。そこに死刑囚のえん罪を専門に扱うイヴ・ロスロという女性弁護士がやってくる。

一方、レベッカ殺害後、フランクはウェスが犯人ではないかと疑っていた。キーティングはウェスをかばうが、ウェスが犯人ではない証拠はどこにもない。そこでキーティングは「レベッカは西フィラデルフィアのモーテルにいる」とウェスにうそをつき、彼がどのような行動にでるかフランクに監視させる。

「殺人を無罪にする方法」シーズン2♯1「前に進む時」の感想【ネタバレあり】

  • レベッカを殺害した犯人はボニー
  • イヴ・ロスロとキーティングはロースクール時代の同級生で、肉体関係があった
  • ミカエラはレベッカが「Eggs911」と謎の暗号を送った人物にメールを送る
  • コナーは陽性反応が出た恋人のオリバーと同棲することに

レベッカ殺害犯

まさかまさかのボニーさんでした。

えぇーっという感じ。恐ろしい女やでぇ……。キーティングさんやる事ゲスいけど、それでも人殺してないだけまだマシなんじゃ…と思えてきてしまった。

ボニー「私もそうやって言い聞かせるの。私は善人だって。それを分からない周りの方が悪いんだって」

この考え方はキーティングじゃなくても「病んでる」と思ってしまう。殺し方も残忍だけど、何よりタンタンと作業をこなす彼女の姿が一番怖かった。

フランクはライラを殺した罪悪感を背負っているだろうけど、ボニーは「あなたのために殺ったのよ」とキーティングにいうあたり、悪い事をしたと感じてないんだろうな…。

コナーとオリバー

コナー「安心してください、履いてませんよ(ええ声)」

私がユリゲ●ーのような超能力者だったら、オリバーの頭をスプーンのように曲げて、見えるようにするのに……実に惜しい……

でもオリバーの頭の横からかすかに見えるコナーの太もも、下着着用してる感じがないので本当にすっぽんぽんなんだな。シーズン1からこの人お色気担当だもんね…ありがとうございます。

コナーの押しかけにより強制的に同棲生活が始まったわけだけど、これからどうなるのか楽しみです。それまでに超能力を身に着けてみせます…やってやりますよ……

肉体関係があったイヴとキーティング

「恋人関係」ってかこうと思ったけど、イウいわく「あれは遊びだった」というので、肉体関係という表記に。でもイヴはまだキーティングを愛しているもよう。

しかしイヴの気持ちをしったまま、自分の豊満な肉体を武器にキーティング氏、イヴを操ることに成功しました。

キーティングは目的のために手段を選ばず行動しちゃうから、後でドッとつけを払わされてるんじゃないかなぁ。

結局、イブがネイトの弁護を断ったから、愛人だったネイトはそのままムショ行っちゃうってことでしょ?哀れなネイトよ……美しい大胸筋しか思い出せないけど達者でな…。

そして最後には急に「2か月後」の映像が流れ(海外ドラマお得意の手法)、キーティングがおなかから血を流して倒れている映像が。そしてその場を立ち去るのはなんと心優しいウェス君。

今の状況だと、キーティングを刺したのは金持ち家族が雇った弁護士(キーティングが提供した映像のせいで大恥かいた)なんじゃないかなぁと予想。ウェス君はジョギングしてただけ(んなこたぁない/タモさん)

シーズン2、思ったよりも楽しめたのでとても嬉しい。これからの展開が楽しみです。シーズン1を振り返りたいという人はこちらのまとめをどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)