レイモンドクルスの身長は?結婚、趣味など私生活も

私が愛してやまない俳優の一人、レイモンドクルス(ツ)さん。「クローザー」「メジャークライム」のフリオ・サンチェスで有名な彼ですが、日本での知名度はイマイチ。

彼の魅力を伝えるのはいつか?今でしょ!と思いたち、ブラウザをたちあげ20個以上のタブを開き、調べてみました。

好きな人もちょっと気になってる人も、たまたまこのページに飛ばされてしまった残念な人も参考にしてみてください。

※2017年4月20日 頂いたコメントを元に(ありがとうございます!)結婚についての記事を編集しました。

スポンサーリンク

プロフィール

レイモンドクルツの写真

wikipediaより

名前:Raymond Cruz(日本ではレイモンドクルス・クルツの両方で表記される事が多い)

生年月日:  1961年7月9日(55歳)

星座: 蟹座

出生地: ロサンゼルス

映画と海外ドラマの両方で成功している珍しい役者さんの一人です。ロサンゼルスの東の地域で生まれ、近所には常にギャングがいるような地域で育ちました。

メキシコ系の俳優で、英語とスペイン語の両方を話せます。

ファンレターの宛先

FanMail.Bizzによるとクルツさんへのファンレターの宛先は以下のようになっています。

Fan Mail Address:

Raymond Cruz
Media Artists Group
8222 Melrose Avenue
Suite 203
Los Angeles, CA 90048-6838
USA

ちなみにTwitterのアカウントはこちら→Twitterアカウント

インスタはやっていないようです。

レイモンドクルツの身長

ガッチムチな肉体とオーラから2メートルくらいありそうな感じですが、実際は170センチと小柄。

メジャークライムスで共演しているプロベンザも同じ身長なので、並ぶと親子みたい。

GWベイリーと肩を組むレイモンドクルツ

Twitterより

私生活:趣味について

オートバイに乗るのが好きとの事。

働いてためたお金でMoto Guzzi El Dorado Police bikeというバイクを購入されました。

スポンサーリンク

結婚してるの?恋人は?

日本でも海外でも彼の名前をググれば「レイモンドクルス(ツ) 結婚」というのが出てくる位みなさん興味深々。

Twitterも始めましたが、プライベートについての記述は一切なし。唯一私服であろう服がアップされたのはこちら

「キャストとドジャースタジアム(野球場)で会ったよ!」

と、日ハムの大谷選手もびっくりなほど輝かしい笑顔で撮影されるクルスさん。

そんなかっこ可愛い彼ですが、俳優業を続けていて今までガールフレンドとの写真を撮られた事は一切なし。

結婚をしているのか、していたのかについても全くの謎です。

コメント欄にて「レイモンドさんはXファイルで共演されていたSimiさんという美人さんと結婚されている」という情報を頂きました!

恐らくこの方だと思われます。画像埋め込みした方が見やすいんだけど、ゲッティーさんの利用規約にひっかかる恐れがあるのでリンクで失礼します→gettyimages

この画像の他にもう一枚ツーショット写真があったんだけど、そこには「his wife」と書いてるので、この方と結婚されているという事で…間違い……ないはず…です……(´・ω・`).;:…(´・ω…:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラ..

独身の確率が高いと思っていたのでショックでしたが、西島秀俊さんが結婚されても佐々木蔵之介さんがいるように、レイモンド氏が結婚されていても、我々にはクリマイのマシューグレイギュブラー氏がいるので大丈夫です。

あれだけ探しても結婚に関して情報を得られなかったのに、複数の方にコメントを頂いたおかげですぐに見つけることができました。本当にありがとうございます!

日本との関係とフリオサンチェスとの共通点

ご本人も近所にギャングがいる環境で育っていましたが、「TheCloser」「MajorCrimes 重大犯罪課」で彼が演じるフリオサンチェスもギャングがいる地域で育っており、そこで弟を亡くしています。

サンチェスはそんな環境で育ったためか、同じような境遇で育った子供に対して凄く肩入れする傾向があります。

実は海外の日産の車のCMに出ています。このCMは海外の人からも好評だったそう。

[Commercial] Nissan – Wrong Name with Raymond Cruz from Avant Artists on Vimeo.

日産公式ホームぺージより。

俳優を目指すようになったきっかけ

The Daily Beastのインタビューによると

「8歳のころ、Moby Dick(白鯨/ハーマン・メルヴィル著)という本を読んだんだ。それを10歳のころにまた読んだ。

そしてLittele House on the Prairie(邦題:大草原の小さな家)シリーズやアメリカの名作を色々読んだよ。小説とフィルムでこんなに変わるということに凄く魅了されたんだ」

そして映画についてもっと知りたくなった彼は東のロサンゼルス大学に入り、そこで英語とスペイン語の両方が話せるようになりました。

ちなみにクルツ氏がハリウッドに進出し始めたのは19歳のころ。

映画のデビュー作は1987年頃の「 Maid to Order(邦題:星に願いを)」のサム役です。

古い映画なので日本でのDVDは販売されていないもよう。ビデオで見たことがあるという人もいるようなので、運がよければレンタルビデオ屋にあるかも…!

日本で彼が観られる出演作品はこちらの記事に書いてます→メジャークライムのフリオ役レイモンドクルスの出演作品と最新作

☆MC出演者情報☆

シャロンレイダー→シャロンレイダー役でお馴染み!メアリーマクドネルについて

アンディフリン→重大犯罪課でお馴染み!フリン役のトニーデニソンについて

マイク・タオ→重大犯罪課でお馴染み!タオ役の俳優さんについて

スポンサーリンク
レクタングル(大)