【ネタバレ】映画「ぼくらの家路」のあらすじと結末

bokura

映画「ぼくらの家路」あらすじ

10歳のジャックは6歳の弟と母親とベルリンで暮らしていた。

母親はジャック達を愛しながらも、恋愛に夢中になったり、遊びに夢中になって子供達を家に放っておく始末。弟の世話はジャックが全て行っていた。

ある事がきっかけでジャックは施設に預けられることになる。しかし、預けられた施設になじめずいじめを受けるジャック。

夏休みに母親に会えるのを楽しみにしていたジャック。しかし、母親は新しい男に夢中になり施設に迎えにいく約束をすっぽかす。

ジャックは母親に放っておかれた幼い弟を連れ、母親を求めてベルリンの街を徘徊するが……

映画「ぼくらの家路」のキャストと予告動画

原題「JACK」/邦題「ぼくらの家路」2013年 ドイツ

監督/エドワード・ベルガー

キャスト

■ジャック/イヴォ・ピッツカー

■マヌエル/ゲオルク・アルムス

■ザナ/ルイーゼ・ハイヤー

【ネタバレ】映画「ぼくらの家路」の感想と結末

WOWOWで放送されていて途中から観始めたんですが、結末が気になって結局全部観てしまいました。

「今度最初から観たい!」という気持ちよりは、ただただ、「重たい気持ち」で胸がいっぱいです。

ダメな母親の代わりに弟を世話するジャック。

小さな体と小さな手で必死に弟を世話してあげるジャック。

母親から受けとるはずの愛情を十分に受け取れないまま、彼は母親を求める10歳の子供から、弟を守る大人に変わっていきました。

甘えたいけど甘えられない、駆け足で大人の階段を上らざるをえなくなったジャック。

切ないような重たいような、悲しいような。色々な感情があふれだしてくる映画でした。

子供よりも自分の感情を大事にし、母親になれなかった女。その女に翻弄される10歳と6歳の小さな男の子達。

長い旅路を乗り越えて母親の元にかえった子供達。でも、物語はハッピーエンドとはいかなかった。

「新しい男をみつけたの。今度は良い人よ」

嬉々としてジャックに報告する母親。

何も学ばない母親に、ジャックはある決断をする。

母親と再会した翌朝、ジャックは母親よりも早く起き、弟を連れて施設のインターホンを鳴らすのだった。

映画の最後で施設の人がインターホンごしに「誰?」と聞いて、「ジャックです」って応える。その後に「JACK」っていう映画のタイトルがバン!と出てエンドクレジットが流れるんだけど、これを活かすためにも映画のタイトルは「ジャック」でよかったんじゃないかなぁ(ジャックといえばロビンウィリアムズ氏の映画「ジャック」が有名だけど)

公式サイトも上にあげた動画も、小さな子供達の感動巨編!みたいな扱いしてるけど、テーマも結末も重たいです。

ベイマックスもそうだったよね、感動ものにせずにアクションシーンをメインに予告で出せばよかったのに。

何かと言うと「感動もの」「絶対泣ける」など、日本人向けに変えてる映画が目立つ昨今ですが、この映画は色々と考えさせられることが多かったです。PG12指定だけど、色々な人が観るべき作品。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ2



スポンサーリンク
レクタングル(大)